特殊車両通行許可申請(特車申請)ならお任せ。オンライン申請で全国対応。低価格で迅速正確な手続き代行。お急ぎの方向け手続き代行サービス。


Warning: Use of undefined constant breadcrumb_navigation_xt - assumed 'breadcrumb_navigation_xt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/withness/withness.or.jp/public_html/tokusya/wp-content/themes/default/pankuzu.php on line 5
HOME » 特殊車両通行許可の基礎知識 » 許可条件

許可条件

特殊車両の通行許可には、道路の構造の保全又は交通の危険を防止する観点から、通行に当たって必要な条件が付されます。

条件の種類は次のとおりです。

重量に関する条件

A:徐行等の特別の条件は付さない。

通常の走行が可能です。

B:徐行及び連行禁止を条件とする。

特殊車両が縦列をなして橋梁等の1箇所に集中すると橋梁等に大きな荷重がかかるため、連行は禁止、かつ徐行での通行となります。

C:徐行、連行禁止及び車両の前後に誘導車を配置することを条件とする。

橋梁等の同一径間内に当該車両のみを通行させる必要があります。

車両の前後に誘導車を配置し、車線上から他の車両を排除したうえでの徐行通行となります。

D:徐行、連行禁止及び車両の前後に誘導車を配置し、かつ2車線内に他車が通行しない状態で、通行することを条件とする。

橋梁等の同一径間内で、当該車線上のみならず隣接車線までも他の交通を排除する必要があります。

車両の前後に誘導車を配置し、当該車線上及び隣接の車線上の車両を排除したうえでの徐行通行となります。

また、通行条件がDとなっている車両は、夜間通行(午後9時から午前6時まで)となります。

寸法に関する条件

A:徐行等の特別の条件は付さない。

通常の走行が可能です。

B:徐行を条件とする。

曲線部の通行や高さの関係でトンネルの中央を通行する必要がある場合などに、徐行での通行となります。

C:徐行及び車両の前後に誘導車を配置することを条件とする。

曲線部の通行やトンネル等を通行する際には、徐行し、かつ前後に誘導車をつけて安全を確認しながらの通行となります。

また、通行条件がCで、車両の幅が3mを超える場合は、夜間通行(午後9時から午前6時まで)となります。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。

ファクタリングとは?

お問い合わせはこちら

行政書士事務所WITHNESS(ウィズネス)
代表者 渡邉 徳人
所在地 熊本県熊本市中央区新大江1丁目7-45桜ビル新大江2階
TEL 096-283-6000
FAX 096-283-6001
E-mail info@withness.or.jp
営業時間 10:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab